ルテインサプリメントで人気なのはこれ♪

マリーゴールドなどに含まれるルテインが目にいいと言われています。

昔からパソコンしたり本を読んだり目を酷使することが多かったせいか、今では視力がかなり悪くなってしまいました。

目が充血してることも多く、何か対策をして予防しておかないとって思ってるところです。

どうやって予防するとかよく分かりませんが、基本なところで、食生活や睡眠、ストレスを溜めすぎないってところでしょうか。あとは、適度な運動とかも。

まずは、規則正しい生活を心がけるようにしていかないといけませんね。

知人の中にも飛蚊症や黄斑変性症や白内障など、目の悪い症状が出てる人も多いようです。

年も年なので、仕方ないといえばそれまでですけどね。

私はもう一つ、サプリも愛用しています。

成分でいうと、カシスやブルーベリー、ビルベリー、アスタキサンチンにDHAなどいろいろ良さそうなのがありますが、私はルテインがお気に入り♪

ルテインとは?

ルテインとはカロテノイドの一種で、野菜などの食品にも入っています。例えばほうれん草やブロッコリーなどです。他にもルテインが入ってる食品はたくさんありますが、含有量がそれぞれ異なります。目の良いといわれる成分で、サプリメントや健康食品にも配合されたりしています。サプリに配合されているのは主に、マリーゴールドという花から抽出されたものです。

ルテインは、もともと人間の体内に存在する成分ですが、眼の水晶体や黄斑部にもあります。

ルテインが目に良いのではと言われるようになってから、関連サプリがたくさん発売されていますが、ブルーベリー(ビルベリー)やカシスなどと一緒に配合されることが多いようです。

では一体ルテインサプリメントの摂取量はどれくらいいいのかっていうと、これがまだよく分からないところでもあります。

一説には6mgとか中には20mg以上とかという話も聞きます。

レビューとかを参考にしながら決めるのもいいかもしれませんね。あとはフローラグローのルテインかどうかで決める人もいるようです。

ルテインで目の健康を

マリーゴールドなどに含まれるルテインが目にいいと言われています。

昔からパソコンしたり本を読んだり目を酷使することが多かったせいか、今では視力がかなり悪くなってしまいました。

目が充血してることも多く、何か対策をして予防しておかないとって思ってるところです。

どうやって予防するとかよく分かりませんが、基本なところで、食生活や睡眠、ストレスを溜めすぎないってところでしょうか。あとは、適度な運動とかも。

まずは、規則正しい生活を心がけるようにしていかないといけませんね。

知人の中にも飛蚊症や黄斑変性症や白内障など、目の悪い症状が出てる人も多いようです。

年も年なので、仕方ないといえばそれまでですけどね。

私はもう一つ、サプリも愛用しています。

成分でいうと、カシスやブルーベリー、ビルベリー、アスタキサンチンにDHAなどいろいろ良さそうなのがありますが、私はルテインがお気に入りです。

ルテインサプリメントで黄斑変性症を改善できるの?

ルテインとゼアキサンチンは、その抗酸化力もあり黄斑部を守る効果があると言われています。ルテインサプリメントが黄斑変性症に対し効果があるかどうかは、いろんな意見があります。

黄斑変性症とは?

(加齢)黄斑変性症というのは、モノがゆがんで見えたり、視野の中心が暗くなる・欠けるなどの症状で、視力の低下を伴うこともあります。

「萎縮型」「滲出型(しんしゅつがた)」があり、原因が異なります。

症状が悪化していくと、失明のリスクもあります。

ルテインやゼアキサンチンは黄斑変性症に効果がある?

過去の情報を調べると、ルテインとゼアキサンチンの摂取により黄斑変性症のリスクが低くなるというデータが見受けられます。

また、予防の意味でもルテインやゼアキサンチンの補給をすすめる人も多いようです。

ルテインもゼアキサンチンも、黄斑部に存在する成分であり、加齢とともに減少していくため、それを補うことで、予防になるというのは分かりますが、果たして、市販されているルテインサプリメントで同じ効果を得られるかというとそれは分かりません。

過去の研究などの多くは、1日にルテインを何mg摂取したか等は書かれていたりしますが、具体的にどの原料をどのタイミングで、どういった状態の人に与えたかというのが不明なケースもあるからです。

ルテインサプリメントといえでも、原料も含有量も異なるものが多いですからね。

私が思うのは、ブルーベリー(ビルベリー)とは根本的に働きが異なるということです。

実際にルテインで黄斑変性症の予防になるか、改善されるかは個人差もあるでしょうし、はっきりと分かる人はいないかもしれませんが、ブルーベリーと違って、元々人の体に存在する成分において、不足してくるので、サプリメントで補うというのは理にかなってると思います。

https://twitter.com/kandole_mandole/status/749196650116096001

ルテインサプリメントの比較ポイント

ルテインサプリメントはどれも同じというわけではありません。フローラグローかどうか、ルテインやゼアキサンチンはどれくらい含有されているか、その他の成分は何がどれくらい入っているかなどが比較のポイントとなるでしょう。

ルテインとゼアキサンチンの含有量を比べる

ルテインサプリメントは何が違う?

ルテインに限らず、サプリメントというのは、同じような成分が入っていても、様々な点で異なります。

ルテインサプリメントでいうとこんな感じです。

  • ルテインはFloraGlo(フローラグロー)かどうか
  • ルテインとゼアキサンチンがどのくらい含有されているか
  • ルテイン以外の成分はどのようなものがどれくらい入っているか
  • 継続しやすい価格かどうか
  • 製造は日本か海外か

こういった点を比較してみると、求める商品にたどり着きやすいと思います。

細かい点は別のページで書いていきますが、1点、絶対に譲れないといか、これははずせないという条件は、ルテインの配合量が書かれているかどうかという点です。

過去に見た中では、マリーゴールド抽出物の配合量のみ記載しているサプリメントもありました。

どういうことかというと、マリーゴールド抽出物の本の数%がルテインです。ですので、そのルテイン自体の数値を記載しないということは、かなりわずかしか含まれていないと予測できます。

そもそも、うりにしてる成分の含有量を記載しないというのはあまりにもお粗末です。そこで比較できないならどこで比較すればいいのかと。

あとはゼアキサンチンも比較したいですが、もしフローラグロールテインなら、その割合は決まってるはずですし、ゼアキサンチンが入ってないということは考えにくいのですが、それはケミンさんのホームページを参照してみて下さい。

だいたいそういうサプリは安さをうりにしてることが多いですね。

実際は僅かしかルテインは入っていないのですが、ルテインサプリメントが安いということで人気が出るのかもしれません。

ルテインサプリメントと眼科

眼科に行ったときにルテインサプリメントが置いてました。

どこでも取り扱いしてるわけではないかな。

眼科には自分自身もそうですし、家族の付き添いで行ったりするんですが、眼科の先生にもいろんな考え方があるんでしょうね。

というのも知り合いに聞いた話では、眼科の先生にルテインサプリメントを飲もうかと話をしたら、そんなの飲まなくていいって言われた人もいます。

ところが、別の眼科だと、窓口の横にルテインサプリメントが置かれていて、普通に売ってるんです。

最近は、多くの診療所で、待ち時間を減らすよう、インターネットで予約ができたりしますが、私の家の近所には眼科でネット予約できるところがありません。

ですので、行く時間帯によってはすごく混んでて待たされることも多いんですね。

だから、院内を見渡してると、いろんなことに気づきます。その一つルテインのサプリメントのことだったんですね。

でもブルーベリーをメインにしたサプリは置いてるのを見たことがありません。

これは憶測ですが、ブルーベリー(ビルベリー)って栄養補助ではないですよね。ルテインの場合は体内に存在して不足しがちだからサプリメントで補うってので意味がわかるんですが、ビルベリーのアントシアニンとかってまた作用が違いますよね。

そしてもう一つ、眼科の先生によっても考え方が違うなって思うのが、眼科の先生がブログを書いてて、そこにルテインサプリメントのことに触れてる場合があります。

ルテインを1日6mg摂取すれば加齢性黄斑変性症の発症を43%軽減できるというデーターがあるようです。

ブログの中にこういうコメントがあるんですが、これは他のサイトでもよく紹介されている内容ですが、ルテインの摂取する重要性について書かれているんですよね。

それも食事からの摂取をおすすめする一方、食事からですとかなり量が少ないのでサプリメントからの摂取をおすすめするといった内容だったりします。
そこで具体的な商品を紹介してるなら宣伝かなと思いますが、そうでもなく、ただ単にルテインを多く含む食品を紹介したり、予防のためにサプリメントの利用をおすすめしたりといった内容です。

1日に何mgのルテインを摂ろうとするかは、人それぞれが持ってる情報によるでしょうけど、私が今まで調べてきた情報からすると、1日の6mgのルテインが入ったサプリメントであれば、高くても2,000円以内でないと買わないですね。

もしそれ以上するようなら、ルテイン以外の成分がいろいろ入っててそれが高いのではないかな。

いずれにしても、ルテインを主に摂りたいのであれば、他の成分はあまり入ったないのにしたほうがいいでしょう。

ルテインサプリメントを飲むことによる副作用はあるか?

ルテインサプリメントには副作用がないかのような言葉を見かけますが本当なのでしょうか。

いろんな人がインターネット上でコメントしていますが、合成ルテインではなく天然ルテインを原料としているサプリメントであれば副作用の心配はない、そういった報告はないと書かれていたりします。

果たして本当でしょうか。

副作用がないと証明することは恐らく不可能です。

そういった報告がないというのも、本当かどうかは分かりません。

報告といっても、どこに報告がないのか、また、そもそも報告もされていないものもあるでしょうから、それだけで安全で誰にでも副作用がないかのような表現はいかがなものかと思います。

どこかの記事で見ましたが、どんな成分、食事であれ、体調不良の原因になる可能性はゼロではないというのが私の考えです。

すべての人に安全で、副作用のような悪い効果が出る可能性がないサプリメントなんて存在しないと思います。

お腹の調子が悪くなったり、吐き気がしたりといった違和感が出る可能性は否定できません。

決してルテインサプリメントをすべて否定しているわけではありませんが、商品を選ぶにも慎重に選んだほうが良いと思います。

過剰摂取になるほどの量はサプリには入ってないと思いますが、自分の体調は自分が一番良く分かるでしょうから、少しでも違和感を感じたら一旦控えて見るほうがいいでしょう。

ルテインサプリメントも摂り過ぎは良くないでしょう

どんな成分でも過剰摂取がよくないのは言うまでもありませんが、ではどのくらいのルテインの量がいいのでしょうか。

どんな成分も過剰摂取は危険でしょう。

ルテインが加齢とともに減少することから、食事やサプリメントで補うのはいいことだと思います。

ただ、ルテインを多く含む食品と言われるホウレン草から摂るのとサプリメントで補うのとでは大きく違います。

一日あたり6mgの摂取量を推奨しているという話もありますし、1日2mg/kgまでの摂取量なら問題ないという話もあります。

目安量や1日の上限の話ですが、それはすべての人に当てはまるという意味ではありません。

あくまで一つの意見、発表であり、何の保障をしてくれるものでもありません。

つまり、どのくらいの量が目安として最適で、どのくらいの量以上で過剰摂取になるかというのは、はっきりと分からないのが現状ではないでしょうか。

1日6mgのルテインを摂取することで、加齢黄斑変性のリスクが軽減されたという報告があるとういのはよく聞きますが、最近のルテインサプリメントには、もっとたくさん入っています。

1日目安に25mgや30mgや40mgとかもあります。

過去のレビューなどを見てる限り、効果を感じてる人も多いようですが、気をつけたいのは飲み合わせでしょう。

ルテインサプリメントには、他にもいろんな成分が入ってることが多いです。

ビルベリーやアスタキサンチンやDHAやカシスエキスなど、様々な成分が一緒に配合されています。

もし何種類ものサプリメントを飲んでいるなら、それぞれの配合成分が重複していないかをチェックしたほうがいいですね。

一つの商品ではそれほど多くなくても、合わせると予想以上にたくさん摂取してたということもありえるでしょうから。

ルテイン サプリメントだけで過剰摂取になったという話は聞きませんので、私は問題なく飲んでいますが、何度も書きますが、食生活でも効果的に摂るに越したことはないと考えます。

ルテインサプリメントに一言!みんなの口コミレビュー

カロテノイドとしてのルテインサプリメント

だいたい健康に興味、特に目のことを知ろうとでもしない限りルテインとかカロテノイドとかそういうワードに触れることはないでしょうね。

よく聞くカロテノイドというと、ルテイン以外にもリコピンとかβカロテンとかゼアキサンチンとかでしょうか。

一つ一つの働きについては詳しくありませんが、抗酸化物質として、重要なものなんですね。
その中でも、ルテインとゼアキサンチンは目のいろんな部位、例えば黄斑部とかに存在しているからこそ、目の健康に欠かせないのでしょう。

Copyright© ルテインサプリメントを飲む効果? , 2016 AllRights Reserved.